ハーズバーグの動機づけ・衛生理論
モチベーションアップの法則

ハーズバーグの動機づけ・衛生理論

アメリカの臨床心理学者フレデリック・ハーズバーグが提唱した仕事における満足と不満足を引き起こす要因に関する理論。
人間が仕事に満足感を感じる要因と不満足を感じる要因は全く別物であるとする考え方。

人間には2種類の欲求があり、苦痛を避けようとする動物的な欲求と、心理的に成長しようとする人間的欲求という別々の欲求があるとし、「ハーズバーグの動機づけ・衛生理論」はこの考え方を元にしています。

苦痛を避けようとする動物的な欲求をいかに充足しても、人間は不満足感が減少するだけで積極的な満足感を増加させることはない。

また、たとえ心理的に成長しようとする人間的欲求を十分に充たすことができなくても、不満足感が増加するわけではないと考えられています。

つまり、仕事の満足感を引き起こす要因と不満を引き起こす要因は違い。不満要因(衛生要因)をいくら取り除いても、満足感を引き出すことにはつながらず、不満足感を減少させる効果しかなく、仕事の満足感を引き出すには「動機づけ要因」にアプローチしなくてはいけないということです。

ハーズバーグの動機づけ・衛生理論

上記の図は、「動機付け要因」と「衛生(不満足を招く)要因」についてグラフにしたものです。
不満足を招く要因(衛生要因)として最大項目は「会社の方針と管理」で35%以上の不満足を招きます。しかしこの要因による動機付けは5%程度にしかなりません。つまり、この要因をいくら満たしても「不満足の解消」にはなるものの「積極的な動機」を引き出すにはいたりません。
また、「動機付け要因」として最大項目は「達成」で40%程度の動機付け要因となります。しかしこれが充たされなくても「衛生(不満足を招く)要因」としては10%程度なのでそれほど大きな不満足を引き出す要因にはなりません。

この記事が気に入ったらいいね!で最新記事をお届けします。