憧れの人を演じる
モチベーションアップの法則

憧れの人を演じる

今回紹介する方法は、気分良くモチベーションが上がる上に、うまく使うと今までの自分の殻を破って実力以上の成果を出すことも可能な強力な方法です。

さて、その方法とは「演じる」ことです。

子供の頃には、誰もが憧れのヒーローやヒロインになり切って遊んだはず。なり切っているから気分が良い。そんなときはほんの少し勇気も沸いてきて、普段ではやれないことにチャレンジできたなんてこともあったのではないかと思います。

これをやるわけです。子供の頃にやっていた遊びを再びやるんです。

思い描いた誰にでもなれる

今あなたがあこがれている人、尊敬している人、輝いている人を思い浮かべてみてください。身近な人であれば、上司や先生、先輩や友人でも構いません。または、歴史上の人物でもテレビに出ている芸能人でもハリウッドスターでも構いません。

さぁ、あなたは誰になりますか?

誰でも構いません。自分の中だけで決めることなので、誰にも言う必要ありません。誰にでもなれます。

目一杯なりきる

なりたい人を決めたら、その人を演じて過ごしましょう。その人だったら今どうするか。どんな反応をして、どんな態度でどんな行動をするか、なり切って過ごしましょう。

「自分はその人の生まれ変わりだ!」もしくは「自分はその人の生き写しだ!」くらいに思ってしまいましょう。目一杯なりきるわけです。

憧れの自分になれるわけですからワクワクしてきませんか?

なるまでは成っているフリをする

これは何も遊んでいるだけではありません。
遊びながらモチベーションも上げ、行動も変え、いずれは人格や考え方まで変わっていき、自分が大きく成長し人生までも変わっていく強力な方法です。

例えば、人格者で誠実でキラキラ輝いて誰もをひきつける魅力持つあるハリウッドスターをイメージしたとします。
そして今のあなたはごく平凡な人間だとします。特に人格者でも魅力的でも輝いてもいません。

しかし、演じることで変わります。このイメージを持てば内面から変わっていきます。
人格者で誠実なあなたは人をひきつけ始めます。そして内面からキラキラ輝きだし、それは必ず外見にも反映されていきます。

最初は演じていても、それがやがて自分のものになっていきます。
いつの間にか、あなたは憧れの人物と同じように素敵な自分を手にしているはずです。
もっとも、ハリウッドスターにはなれないかもしれませんが、今までの自分では考えられなかった自分にステップアップしていることに気づくはずです。

それまでは、「成るまでは成っているフリをする」です。