仕事辞めたい
モチベーションアップの法則

仕事辞めたい..感情労働と魂に悪い仕事

仕事やめたい

「仕事やめたいなぁ..」

満員電車に揺られている人たちを見ていると、思わずそんな言葉が漏れ聞こえてきそうな気がします。

毎日自分を押し殺して我慢して働いている、できれば今の仕事は辞めたい、かといって仕事を辞めても今より良い仕事が見つかる保障もない。周りの人たちだって我慢して働いているわけだし、「仕事やめたい」って単なる自分のわがままかなぁ...。

そんな迷いを抱えながら、今日も自分を奮い立たせて頑張っている人は少なくありません。

スポンサーリンク

頑張りすぎは危険

「仕事をやめたい」と強く思いながらその感情に蓋をして無理やり頑張り続けていると、いつの間にか「人生への希望」や「働く意欲」といったものを失ってしまっていることがあります。

嫌々労働力の切り売りをしていると、かけがえのない人生が無味乾燥なものに色褪せてしまうことがあります。

そうして消耗しきってしまうと、現実逃避的にお酒やギャンブルに過度にのめり込んだり、うつ病になってしまったりすることもあります。

「石の上にも3年」などと、真面目な人ほど自分の心の声を無視して精神論で頑張りすぎてしまう傾向があります。

忠誠心が報われない時代

右肩上がりの社会の中で終身雇用が一般的だった昔と違い、今の会社には従業員の人生を丸ごと面倒見る力はありません。

もはや会社に忠誠を尽くせば報われる時代ではありません。

にもかかわらず、我々の中には「自分を押し殺してでも組織に忠誠を尽く」ことを良しとする文化が未だに受け継がれているような気がします。

使われるだけ使われて捨てられる、そんなことにならないために、自分の身は自分で守らなくてはいけません。

増える感情労働

数年前から、感情を切り売りする「感情労働」というものが注目されるようになってきました。
感情労働とは「会社などから管理・指導され、自分の感情を押し殺して業務を遂行することによって賃金を得る仕事」のこと。肉体を使って稼ぐ「肉体労働」や頭脳を使って稼ぐ「頭脳労働」に並ぶ新しいカテゴリーです。

感情労働といえば、苦情処理部門やコールセンターのオペレーターなど相手の言うことに耐えるタイプの仕事や、看護師やCA(キャビンアテンダント)をはじめとする接客業が代表的なものだと言われていましたが、最近はどの職種も感情労働的になってきたと言われます。

自分の感情を押し殺しながら低賃金で働く仕事がどんどん増えているということです..。

すぐにでもやめるべき仕事

「なぜ援助交際がいけないのか?」「私の体なんだから私の勝手でしょ」という女子高生の問いに、臨床心理学者の河合隼雄氏は「魂が傷つくからアカンのや」と答えました。

仕事についても同じことが言えます。違法行為はもちろん、詐欺まがいの仕事や従業員を使い捨てするようなブラック企業で働いていいると、どんどん魂が傷ついていってしまいます。自分に向かない感情労働も同じことです。

その仕事をしていると、自分を偽っていると感じる、自分の魂を売っている、傷つけているように感じる、人間としての尊厳を失っていくと感じる仕事は、やればやるほど人生の質が落ちていきます。そうした仕事はできるだけ早くやめるべきです。

悪い我慢をし続けると、疲弊しすぎて働く意欲そのものが根こそぎ奪われてしまいます。自分を偽り続けるとどんどん自分を大切にできなくなっていってしまいます。

青い鳥症候群

もちろん仕事ですから時には我慢も必要です。「やりたくないからやらない」だけでは生きていけません。

自分がいま幸せでないのは会社が悪からだと、理想の会社を求めて次から次へと転職を繰り返す人もいます。現実を顧みずに理想ばかり追い求める姿は「青い鳥症候群」とも呼ばれます。

また、今の会社に対する不満に飲み込まれると、「何はともあれ今の会社を辞めたい」という思いが強くなり、自分の置かれている現状を冷静に判断できなくなることもあります。
「早く楽になりたい」一心で、何の見通しもなく「なんとなく」仕事をやめてしまうと、結局より条件の悪い仕事につかなくてはならなくなる、なんて話もよくあることです。

仕事を辞めるにしても冷静に行動する必要があります。

今の仕事の何が不満なのか?

では、「仕事やめたい」と思う人は、今の仕事の何が不満なんでしょうか。「アルダーファのERG理論」では、人間には3つの欲求があるといいます。

一つ目は「生存欲求」・・・仕事では「賃金」「労働条件」などがこれに当てはまります。
二つ目は「関係欲求」・・・職場での人間関係がこれに当てはまります。
三つ目は「成長欲求」・・・仕事そのものに意義ややりがいを感じるということになるでしょう。

これらは「上位の欲求が満たされないと下位の欲求に意識が向く」と言われています。つまり、仕事に「意義ややりがい」を感じられなくなると「職場での人間関係」に意識が向くようになり、その人間関係が悪くなると「賃金や労働条件」などに意識が向くようになるということです。

あなたがもし今の仕事の「賃金」や「労働条件」に強い不満を感じているなら、「職場での人間関係」や「成長」「仕事のやりがい」などについても満たされていない可能性が高いと言えるでしょう。

逆に言うと「職場の人間関係」が良くなれば「賃金や労働条件への不満」に目が行かなくなり、働くのが楽しくなるかもしれません。今の仕事に「成長」や「やりがい」を見出すことができればさらに不満は解消されるのかもしれません。

いずれにしても、自分が今の仕事の何に不満を持っているのかを明らかにしておくことは、今の仕事を続けるにしても転職するにしても役に立つはずです。

仕事に何を求めるのか?

自分が仕事に何を求めているのかハッキリさせるために「働く人の3つのステージ」を考えてみるのも役に立ちます。

[ライスワーク] お金のため、ごはんを食べるために働く。
[ライクワーク] その仕事が好きで働いてる。仕事そのものや職場での人間関係など。
[ライフワーク] 自分の使命だと思って働いてる。

もちろん、「十分なお金が稼げて、その仕事が楽しくて、その仕事が自分の使命とすら感じる」といったように、これら全て満たすのが理想ですが、そうでなければならないというわけではありません。

「仕事に求めるものは必要なお金を稼ぐことであり、できるだけ趣味などに時間を使いたい」という考え方もありますし、「生活はギリギリだけれど、その仕事が好きだからやりたい」というのもあるでしょう。

要するに、理想はあるけれど、現実的に今の自分が仕事に求めるものは何なのかをハッキリさせておくことが大事だということです。
理想を追い求めたらキリがないけれど、現状自分は何が不満で、何が満たされれば良いと思っているのか、まずはそれを知ることが大切です。

▼関連記事
働く意味
仕事辞めたい度診断

この記事が気に入ったらいいね!で最新記事をお届けします。