上手な断り方
モチベーションアップの法則

上手な断り方、定番フレーズ20

他人の誘いをうまく断れるようになると、生きていくのがずっと楽になります。 乗り気じゃないのに断りきれず嫌な思いをした経験、うまく断ることができずに人間関係がギクシャクした経験、誰にでもあるんじゃないでしょうか。

私たちは、もっと上手に断る技術を身につけるべきです。 そうすれば、自分自身も人間関係も無駄に苦しまなくて済むからです。
ここでは、「上手な断り方の公式」や「上手な断り方、定番フレース20」などを紹介していきます。

スポンサーリンク

断るということ

具体的な断り方の話に入る前に、まず人の誘いや依頼を「断る」ということについて大事なポイントを3つ押さえておきましょう。

①断れないと自分を苦しめる

自分のためにならないことはもちろん、お互いのためにならないことは迷わず断りましょう。相手を思いやる気持ちは大事ですが、良い子になるために我慢して依頼を受けていると、そのままずっと他人の依頼に応えるばかりの人生になってしまいます。

また、中にはあなたを利用しようとする人もいます。 きっちり断れるようにならないと、そうした人たちにうまく利用されてしまうこともあるでしょう。 ちゃんと断るということは、自分自身を守るという意味でもとても大切なことです。

②断る=相手の全人格を拒否するわけではない

断れない人は「断ったら相手に失礼だ」などといった思い込みや「嫌われたくない」という恐れがあるのかもしれません。 また、自分より相手のことを優先しすぎているのかもしれません。

「相手の依頼を断る→相手を拒否する→嫌われる」と拡大解釈していることもあります。 断るのは相手から受けた依頼や誘いであって、相手の全人格を拒否するわけではないのだと理解しておきましょう。

③必要なことに時間とエネルギーを使うために断る

ちなみに、私も以前は「断れない人」でした。でも今ではほとんどの誘いを断ってしまいます。乗り気でないものに付き合っていると自分のエネルギーをそれで使い果たしてしまい、自分のやりたいことややるべきことに費やすエネルギーが不足してしまうからです。

おかげで今では必要なことに多くの時間やエネルギーを費やせるようになりました。

上手な断り方の公式

上手な断り方には基本の公式があります。この公式をアレンジすればほとんどのケースに対応可能です。

【No】+【理由】+【気遣い】

一つずつ見ていきましょう。

Noの言い方

まず相手にどう「No」と言うか?が大事です。誘ってきた相手の最大の関心ごとは「YesかNoか」ですから、まず最初に「No」と伝えるのが鉄則です。
長々と理由を述べて最終的に「No」と言ったり、曖昧な返答をするのは印象が良くありません。言いにくくても最初の「No」がうまく言えるかどうかがその後の展開にも大きく影響します。

とはいえ、頭ごなしに「無理です」「嫌です」などと言われたら誰でも気分悪いですから、「ごめ〜ん」「残念〜」「すいません〜」といった相手への気遣いを伴った「No」から始めましょう。

どんな理由?

なぜ断るのか、理由を述べてあげるのが、誘ってくれた人に対する礼儀でもあり、その後の関係性のためにも必要なことでしょう。
ただし、本当の理由を伝えると相手を怒らせたり傷つけたりする場合には配慮が必要です。もし「あなたと飲みにいっても面白くなさそうだから」などと思っていても、そのまま伝えていてはあまりにも配慮に欠けています。
一般的には、人の誘いを断る理由としては大体次の4つが定番でしょう。

①スケジュールの問題
②仕事や勉強の問題
③健康上の問題
④家族の問題

これらのいずれかの問題のため断らざるを得ません、というのが理由としてスムーズです。使いやすい断る理由をあらかじめ自分の中にストックしておくと良いでしょう。

気遣い

人からの依頼や誘いを断るにはきちんとした気遣いも必要です。それは人間関係の潤滑油のようなもの。「誘ってくれてありがとう」など、ちょっとした一言を添えるだけでだいぶ印象も和らぎます。
もちろん、曖昧な返答をせずきちんと断るのも相手に対する気遣いです。

ただし、行く気もないのに「また誘って」などと不要な気遣いをすると本当にまた誘われて何度も断る羽目になったりするので、適度な気遣いを心がけましょう。

また、相手の依頼や誘いに対してただ断るのではなく、次のようなアクションをすることも可能です。必要に応じて有効活用しましょう。

【代替案を提示する】…「その日はダメだけど別の日なら大丈夫です」
【条件付きでOKを出す】…「1時間だけなら参加できます」
【逆提案をする】…「それはできないけれど、これならむしろ以前からやってみたいと思ってました」

上手な断り方定番フレーズ20

ここからは、シーン別に使える定番フレーズを紹介していきます。

ビジネス編 

人間関係は壊したくないけれど、あまりプライベートな部分に深入りされたくないというところでしょう。 失礼のないよう丁寧に断りつつ、時には多少の付き合いも必要かもしれません。

【上司から飲みの誘い】

「せっかくお誘いいただいたのに、あいにくその日は先約があってどうしても都合がつかないんです。残念です。(ぜひまた誘ってください)」
(ぜひまた誘ってください、は本当に誘われる可能性が高いので使い方に注意)

「お誘いありがとうございます。ただ今日は朝から体調がすぐれないので、早めに帰って明日に備えたいと思います。また別の日にお願いします」

「あ〜〜〜、すいません。まだ仕事が終わりそうもなくて家に持ち帰ってやろうと思ってるんです。また今度ぜひお願いします」
(あ〜〜〜に残念さを込めるとリアリティが増す)

【会社の飲み会】

「せっかくの機会なんですが、その日は家庭の事情でどうしても都合がつきません。申し訳ありませんが不参加とさせてください」

「(仕事・勉強・家庭などの理由)でどうしても1時間しか参加できませんが、ぜひ参加させてください。楽しみにしています」
(毎回不参加というわけにいかない場合には条件付きでOKを出すという手も)

友人編

ここで問題になるのはそれほど親しくない友人からの誘いをどうするかということになるでしょう。 今後、その友人とどんな距離感を取っていきたいのかによって断り方が変わってくるはずです。 より仲良くなりたいなら断った後に代替案を提示しますし、距離を取りたいなら今度あまり誘われないように、あまり積極的な姿勢は見せないようにします。
お金や宗教などの誘いに対しては、曖昧な返答は避けキッパリと断ることが大事です。

【友人から飲みや遊びの誘い】

「残念〜。その日はダメなんだ。でも誘ってくれてありがとう」
「あいにくその日仕事が休めなくて。私の分も楽しんできてね」

「ごめ〜ん。その日はダメだ〜。また時間あるときにでも」
(あまり誘って欲しくない時はこの位のノリが良さそう)

「ごめんなさい。この前体調を崩してまだ無理ができないんだ。良くなったらまた遊んでね」
「ごめんなさい。最近資格取得のための勉強をしていて時間がないんだ。試験に受かったらまた遊んでね」
(都合が良くなるのがいつになるかわからないので、それじゃあ別の日は?という誘いにも対応できる)

【友人がお金を貸してくれと言ってきた】

「あいにく今自分も余裕ないんだ。ごめん」

「お金の貸し借りは友人関係を壊すと言うから貸すことはできないよ。お金よりあなたとの関係を大事にしたいんだ」

「そうか。実は私もお金に困ってるんだ。むしろ逆にお金貸してくれないか?」
(断るのではなく逆提案するという変化球)

【友人から宗教やネズミ講などの誘い】

「ごめん。そういうのには全く興味がないんだ。」
(一度だけでも話を聞いてくれなどと食い下がってくるでしょうが、きっぱり断るしかありません)

「実は親戚のおじさんがそれをやっていてね。やるならそっちでやらないとまずいんだ」
(これが最も効果的)

恋愛編

あなたに好意を持つ人は、まずあなたの反応を伺い、脈がありそうだと思えば距離を縮めてこようとするでしょう。あなたにその気がないのなら、距離を縮めないように注意する必要があるでしょう。

【異性から食事の誘い】

「お誘いどうもありがとう。あいにくその日は先約があって都合がつきません。ごめんなさい」

「わぁいいね。どうせならみんなで行きたいなぁ。声かけてみてもいい?」
(二人で会うのはちょっとという意思表示でもある)

「美味しそう。でも最近仕事が忙しくて予定がハッキリしないんだ。時間ができたらまたこっちから誘うね」
(こちらから誘うということで相手から誘われないようにする。ただし本当に待っている可能性も高い)

【異性からお付き合いを申し込まれた】

「ありがとう。でも本当にごめんなさい」
(あえて理由は言わない)

「ありがとう。でも他に好きな人がいるの」
(相手のための優しい嘘)

最後に

ここでは、人の誘いの「上手な断り方」について考察してきました。最初に書いた通り、ストレスを抱え込まないためにも「上手く断る技術」は我々に必須のスキルです。自分のために、そして相手のためにも「上手な断り方」を磨いていきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!で最新記事をお届けします。