井上靖名言|努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。
モチベーションアップの法則

井上靖の名言


井上靖 名言
(画像引用)Wikipedia

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。

井上靖(日本の小説家)
1907年(明治40年)5月6日 - 1991年(平成3年)1月29日。『闘牛』で芥川賞受賞。新聞小説作家として地位を確立する。主な著書に『猟銃』『氷壁』『天平の甍』『しろばんば』『敦煌』『楼蘭』等。


その人が希望を語っていれば「この人は努力する人」なのだとわかりますし、不満を語っていれば「この人は怠ける人」なのだとわかります。両者の違いは結果としても明らかになるでしょう。怠ける人より努力する人が結果を出すのは明らかです。

両者を分けるものはどこに目を向けるかであり、怠けようとする自分に打ち勝てるかどうかです。どうも我々はついつい現状の不満ばかりに目を向け努力を怠る癖があるようです。

本当は、不満があるから怠けるというより、怠けたいから不満を探すという方が適切かもしれません。そうならないために、我々は意識的に希望に目を向けていく”努力”が必要なのかもしれません。

折に触れこの言葉を思い出し、今の自分はどちらなのか自分自身に問いたくなります。そしてもちろん希望を語る人でありたいものです。


その他の井上靖の名言

「何でもいいから夢中になるのが、どうも、人間の生き方の中で一番いいようだ。」

「自分が歩んできた過去を振り返ってみると、何とたくさんのすばらしい、一生に一度の出会いがあることか。」


Home > 心に響く言葉・やる気が出る名言 > 井上靖の名言