相田みつを
モチベーションアップの法則

相田みつをの詩

「夢はでっかく 根はふかく」

相田みつを(詩人・書家)
(1924年5月20日-1991年12月17日)「人間だもの」の言葉で有名。人間に関するシンプルで温かみのある詩を独自の書体で書いた作品で知られる。「書」と「詩」の高次元での融合を目指し、人々の心に響く作風を確立。1984年、初詩集『にんげんだもの』がミリオンセラーとなって相田ブームが起こる。ただし、この時すでに相田みつを60歳。しかも、長年の苦労が報われたその矢先に転倒し足を骨折、さらに脳内出血を起こして1991年12月17日に足利市内の病院で急逝。享年67歳。


普段目に見えませんが、大きな木は地中深くまで根を伸ばしているものです。もし根っこが未発達のまま、それ以上大きな木になろうと枝を伸ばしたら、重みに耐えられずにすぐ倒れてしまうでしょう。同じように人として大きくなろうと思うなら、目に見えない根の部分を深く伸ばしていかなくてはなりません。大きな成果を得たいなら、それにふさわしい根を持たなければいけません。大きな夢を持つと同時に地道に根を張っていくことが大事だと気づかせてくれる言葉です。


その他の相田みつをの詩

「何をやっても思うようにならない時 上にのびられない時に 根は育つんだから」

「感動いっぱい 感激いっぱいの いのちを生きたい」

「七転八倒 つまづいたりころんだりするほうが自然なんだな にんげんだもの」

「ぐちをこぼしたっていいがな 弱音を吐いたっていいがな 人間だもの たまには涙をみせたっていいがな 生きているんだもの」

「どんな仕事でも 徹すれば かならず 生きられるものです」

「うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる うばい合えば憎しみ わけ合えば安らぎ」

「花はただ咲く ただひたすらに ただになれない人間のわたし」

「どじょうがさ 金魚のまねすることねんだよなあ」