メキシコ人漁師とアメリカ人旅行者

ネットを中心に話題となった興味深い話があります。自分にとって何が大切なのか?考えさせられる話です。
すぐに読めるのでぜひ読んでみてください。

メキシコ人漁師とアメリカ人旅行者

メキシコの田舎町の海岸に小さなボートが停泊していた。 メキシコ人の漁師が小さな網に素晴らしく生きがいい魚をとってきた。

それを見たアメリカ人旅行者が尋ねた。
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの?」

すると漁師は 「そんなに長い時間じゃないよ」 と答えた。

旅行者が 「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなぁ」と言うと、漁師は「自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だ」 と言った。

「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」 と旅行者が聞くと、漁師は「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」と答えた。

すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。 それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。 そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。 自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。 その頃には君はこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。 きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」

漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるの?」

「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね」  

「それからどうなるの?」

「それから?そのときは本当にすごいことになるよ」と旅行者はにんまりと笑い、「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」

「それで?」

「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう?」

解説

いかがでしたか?
なかなか興味深いお話ですよね。

基本的には、この話はアメリカ人旅行者を皮肉った内容なので、一部のエリートやお金持ち以外の人たちにとっては気持ちがスカッとする話として受け取られるでしょう。

ただし、だからといってこの話を鵜呑みにして「働かないこと」「頑張らないこと」を肯定するのは、少し論理が飛躍しています。

何を大切にし、どんな価値観を持つかは人それぞれ自由ですが、それが「大切なこと」ではなく、ただ単に「楽なほう」を選んでいるだけなら、後で後悔することになってしまうでしょう。

この話からわかるのは、少なくとも自分にとっての正さや価値観を他人に押し付けることほど無意味なものはない、ということです。

また、他人にとっての正さや価値観を鵜呑みにして自分の人生を決定しても、それが自分の幸せに結びつくかはわからない、ということです。

自分の人生は自分のもの。 本当に大切なものは何なのか?何が幸せなのか?自分でしっかりと見極めていかなければなりません。

▼関連記事
 お金よりも生活の質を向上させることが幸せに繋がるはず。
QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上とは?

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ、社長、ブロガー。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録