遅咲きの人生

種を蒔けばすぐに芽を出し、花を咲かせる植物があります。
一方、毎日水をあげてもなかなか芽を出さず、簡単に花を咲かせない植物もあります。 

── 人間もきっと同じなのでしょう。
人それぞれ、その人の人生のペースというものがあります。 

早咲きの人は、人生の前半で大きな成果を出すでしょう。
しかし、遅咲きの人は晩年になってやっと芽を出すのです。 

49歳で亡くなる夏目漱石が「吾輩は猫である」で世に出たのは37歳の時 ── 。
カーネル・サンダースが、ケンタッキーフライドチキンを始めたのは、事業に失敗して無一文になった65歳の時 ── だったと言います。

案外、早熟の天才が晩年には完全に輝きを失ってしまうことも多く、愚鈍な少年が後年になって大きな偉業を成し遂げることも多いのです。 

自分はもう歳だから……といって、年齢を理由に自分で自分の限界を決める必要などありません。

人には人それぞれのペースとタイミングがあるのですから。 

周りと比べて惑わされないようにしないといけません。

今日もコツコツ、自分の挑戦を続けていきましょう。
あなたにはあなたのペースがあるはずです。

あきらめず水と栄養を与えて、じっくり見守ってあげれば、やがて綺麗な花を咲かせることでしょう。


カテゴリ モチベーション雑学
 タグ  人生

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。月間300万pv。運営者は原宿に住むコーチ、ブロガー。
→もっと見る

Follow
Facebook
X
Instagram
メールマガジン