マクレランドの欲求理論
モチベーションアップの法則

マクレランドの欲求理論

人間の主要な動機ないし欲求は4つであり、それは「達成」「権力」「親和」「回避」であるという理論。アメリカの心理学者デイビッド・C・マクレランドが提唱。

これらの4つの動機のどれがより強いかは人それぞれですが、行動の裏には必ずこれらのいずれかの動機があるという理論です。

達成動機(欲求)

成功の報酬より自分自身があることを成し遂げたいという欲求から努力し、前回よりもうまく、効率的にやりたい、より良い成績を上げたいという願望を持つ。

達成動機が強い人は下記のような特徴があると言われる。

権力動機(欲求)

他者にインパクトを与え、影響力を行使してコントロールしたいという欲求。

権力動機が強い人は下記のような特徴があると言われる。

親和動機(欲求)

友好的かつ密接な対人関係を結びたいという欲求。

強い親和動機をもつ人は下記のような特徴があると言われる。

回避動機(欲求)

失敗や困難な状況を回避しようという欲求。

強い回避動機をもつ人は下記のような特徴があると言われる。

まとめ

周りを見渡せば、「あの人のあの行動はこの動機から来ているのか」と妙に納得することがあるのではないでしょうか。

そして、例えば「親和動機」が強い人に「達成動機」が強い人が喜ぶようなことをさせても、きっとうまくいかないでしょう。
また、自分自身がどの動機が強いのか理解しておけば、自分の個性を発揮しやすくなるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!で最新記事をお届けします。