ESFPとISFPの相性

ESFPISFPの相性は……

スポンサーリンク

相性:悪い(5段階中4番目)

外向型であるESFP型の人は、外部からの刺激を機敏に察知し、何よりも行動することを大事にしています。一方、内向型であるISFP型の人は、内面の調和を大切にし、それに従って行動しようとします。

つまり、この関係性では互いの興味関心のありかが異なっており、そのギャップがすれ違いを生みやすくなります。

似ている部分があることから、一気に親密になることもありますが、反発し衝突しやすい関係性です。大きな違いは外向型と内向型の違いです。一緒に行動しようとすると問題が生じることが多くなります。

特にお互いの特徴がよく現れた時、内向型タイプは慎重に行動し活動量も減らそうとしますが、外向型タイプの方は活動的であろうとします。そんな時、お互いに相手のことが理解できず、意見が合わず衝突するといったことなどが起こりがちです。

この関係性では、相手にあまり干渉せず少し距離感を取って上手に付き合うことも必要です。違いを認め、互いに尊重しあうことができれば、良好な関係を築くことも可能です。

また、相手の長所に注目することができれば、自分にとって参考になる部分が多いことに気がつくでしょう。

  • 前のページに戻る
  • このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。月間300万pv。運営者は原宿に住むコーチ、ブロガー。
    →もっと見る

    Follow
    Facebookページ:@motivationupcom
    Twitter:@motivationupcom
    メールマガジン:サンプル&登録