BMI(自動計算)による肥満判定

身長と体重を入力して「計算する」ボタンを押すと自動的に「BMI」を計算します。 また、世界保健機関(WHO)の基準による「肥満度判定」も行います。

BMIとは、体重を身長の2乗で割った数値のこと。身長と体重だけで簡単に割り出すことができるため、国際的な肥満の指標として用いられています。

ざっくりとした数字ではありますが、主観を捨てて自分の身体を数値化して客観視できるメリットがあります。

男女に関わらず、BMIの数値18.50〜24.99が標準体重とされ、最も健康リスクが低いのは22とされています。

▼早速やってみよう!

身長(cm)

体重(kg)




世界保健機関(WHO)による肥満度分類
16未満 - 痩せすぎ
16.00〜16.99以下 - 痩せ
17.00〜18.49以下 - 痩せぎみ
18.50〜24.99以下 - 標準体重
25.00〜29.99以下 - 太りぎみ
30.00〜34.99以下 - 肥満(1度)
35.00〜39.99以下 - 肥満(2度)
40.00以上 - 肥満(3度)

※これらはあくまでも目安であり、年齢や性別によって健康的な体重は多少異なります。また、アスリートなど筋肉量の多い人は体重の重さで「肥満」に当てはまってしまうこともあります。

参考程度にご活用ください。

計算式

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ、社長、ブロガー。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録