大谷翔平選手の才能の活かし方

Embed from Getty Images

大谷翔平選手の活躍の秘訣を探る ──

大リーグで活躍中の大谷翔平選手。

彼にはどんな才能があり、それをどう活かしているのか?

大活躍の裏にある才能の使い方について、才能コンサルタントでありコーチである私の見解を語ってみたいと思います。

もちろん、ここで言う”才能”とは肉体的なものや野球の技術的なものではなく、私の専門である『ストレングスファインダー』による見立てという事になります。

大谷翔平選手の才能診断結果

さて、まずは大谷選手にはどんな才能があるのか?

当サイトの『モチラボ 才能診断』で大谷選手を想定して診断してみました。

4位以降には「達成欲」「未来志向」「自己確信」が続く ── 。

診断結果としては「やっぱりそうだよな!」という感じでしょう。

最高のものを目指す「最上志向」や、きっとできると確信を持つ「自己確信」、学ぶ事自体が楽しいと感じる「学習欲」などの才能が上位に来ています。

今の大谷選手の活躍は、これら上位の才能がうまく融合した結果と言えるでしょう。

才能があることは自然とできる

テレビを通して大谷選手を見ていると、自分の才能を活かしてチャレンジすること、そしてまた自分自身が成長することを楽しんでいるように見えます。

決して無理をして苦しみながらやっているという『力み』のようなものは伝わってきません。

あの感じこそ、自分の才能を活かしている時の力感だと思います。

他の人たちにとっては大変なことでも、自分に才能があることは無理せず自然とできちゃうのです。

それは川が上流から下流へと流れるようなものです。

それが自然であり、無理なく最もスムーズなのです。

そして、それがその人の本質に合っているから、結果も付いてくるわけです。

指導者にも恵まれた大谷選手

とはいえ、実際にはその人のことを良く知らない大人の指導者が画一的な指導を行い、才能の芽を摘んでしまうことがほとんどです……。

自分に合わないやり方で努力を続けても、楽しくないし、なかなか結果がついてきません。

そんな中、幸いな事に大谷選手は指導者にも恵まれたのでしょう。

自分の才能の流れをせきとめる事なく、開花させることができました。

きっと今は心地よいエネルギーの流れの中で自分自身の才能を発揮できているでしょう。

自分のフォームを思い出してスランプから脱する

もちろん、この先壁にぶち当たることもあるでしょう。

そんな時でも、今のように自分の才能を活かしたやり方を忘れなければ、その時々の最善の結果に結びついていくはずです。

それは、スランプに陥ったプロ野球選手が、調子が良かった頃の自分のフォームを思い出してスランプから脱するのと一緒です。

自分らしい才能の活かし方を思い出せば、調子を取り戻していくことができるのです。

もしこの先、大谷選手がスランプに陥ることがあれば、このことを意識してもらいたいですね。

誰もが大谷選手のように活躍できる

さて、もちろん大谷選手ほどの活躍は誰にでもできることではありません。

でも、自分の才能の活かすことができれば、誰だって大谷選手のように自分の力を最大限発揮することができるようになります。

今いる場所で突き抜けることぐらいは簡単にできるでしょう。

ぜひ、あなたも自分の才能を活かす術を学んでみてください。

まだ『モチラボ 才能診断』をやったことがない人は、まずは下記リンクから自分の才能を診断することから始めてみてください。

▼関連記事
自分らしさを発揮するためにはまず自分を知ることから……
才能診断テスト

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。月間300万pv。運営者は原宿に住むコーチ、ブロガー。
→もっと見る

Follow
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録