天才は孤独になるってホント?

天才はいつも孤独。
── そんな印象を持つ人は少なくないでしょう。

確かにアニメやドラマで描かれる天才は「孤独な人」であることがほとんどです。
群れることを拒み、いつも単独行動している印象があります。

実際にはどうなのでしょう?

天才は孤独なのか?
「天才」と「孤独」に関係性があるのか?
あるとしたらどうしてなのか?

ここで明らかにしていきます。

スポンサーリンク

目次

天才は理解されない

天才はどこか浮世離れしていて、凡人には理解できない世界の住人のように感じられることがあります。

それは当然です。
凡人でないから天才なのです。
だから、一般人から理解されない部分があって当たり前なのです。

天才と変人は紙一重と言いますが、少なくとも天才は一般人には理解できない世界に生きているものです。

天才は社会に馴染めない

天才が一般人とは別の世界に生きているのだとしたら、当然社会にもうまく馴染めない人が多いでしょう。
極端にいえば、天才は自分だけ異なる言語を話す異国に住んでいるようなものだからです。

もちろん、天才だとしても最低限の一般常識を守って生活することはできる人がほとんどでしょう。
しかし、真正面から社会に馴染むにはあまりにも感覚が違い過ぎるのです。

したがって、天才はどうしても孤独になってしまう傾向があります。
ここが天才がゆえの悲しさでもあります。

しかし、どこかで寂しさを感じながら自分を偽って群れるより、最後には一人でいることを選ぶでしょう。

世の中には才の人と徳の人がいる

世の中には「才の人」と「徳の人」がいます。

「才の人」とは、才能に満ち溢れた人、つまり天才です。
「徳の人」とは、人徳のある人のことです。

両方の資質を持つというのは非常に難しく、特に年齢が若いうちはこれを両立できる人はほとんどいないでしょう。

「才の人」として生まれながら人徳を得るには、自分の才能を隠して人の輪に入っていくか、自分の才能を活かして実績を作って周囲の人々を納得させるしかありません。

天才も繋がって成果を出す時代

かつて、今ほど社会に情報も繋がりもなかった時代には「孤独な天才があっと驚くような画期的な発明をして世の中を動かす」ということもありました。

しかし、現在では天才も繋がり合って切磋琢磨する中で思考やアイデアを磨き上げていく時代となりました。
複雑高度化した社会の中で、いかに天才といえども個人で大きな成果を生み出すのは困難なのです。

科学者たちも互いに影響を与え合いながら協働し、繋がりながら研究を発展させていくことで成果を上げています。

そういう意味では、天才もずっと孤独でいたら、その才能を活かすことができず埋もれてしまうということになります。

とはいえ孤独の中で天才は磨かれる

とはいえ、天才にとって孤独はとても大事な時間です。
誰にも邪魔されることなく、自分の世界に没頭することなく才が磨かれることはありません。

もしあなたが天才なら、思いっきり自分の世界に没頭できる時間を大事にしてください。

「孤独+協働」で天才は覚醒し、凡人には到底想像できないような偉大な成果を生み出します。

まとめ

ここでは天才と孤独の関係性について考えてきました。
まとめると次のようになります。

・天才は凡人には見えてない世界が見えたり上手く伝わらなかったりするがゆえに孤独になってしまう。
・天才は孤独の中で磨かれる。
・ただし、大きな成果を生み出すためには他者と協働することが必要。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。月間300万pv。運営者は原宿に住むコーチ、ブロガー。
→もっと見る

Follow
Facebook
Twitter
Instagram
メールマガジン