鬼十則(おにじゅっそく)とは?

日本最大手の広告代理店「電通」には、従業員の心構えとして長年語り継がれてきた言葉があります。 「鬼十則(おにじゅっそく)」と呼ばれる10項目の行動規範のようなものです。

これは、1951年に4代目社長の吉田秀雄氏が自らの心がけを明文化したのが始まりで、それが徐々に社内で広まったのだそうです。

大きな仕事を成し遂げようとするのなら、こうした心構えが必要になることもあるでしょう。

知っておくと何かの役に立つかもしれません。

「鬼十則」

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。

3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。

4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。

6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。

7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

ハイパフォーマンスに向けたメンタリティ

要約すると、「仕事は主体性を持ち、頭を使い、気迫を持って粘り強くやり抜くべし」といったところ。

表現がやや過激なために現代には馴染まないものの、そのメンタリティは大いに参考になります。仕事は楽しいばかりではなく、困難な場面に遭遇することもあります。そんな場面でもハイパフォーマンスを発揮しようするなら、こうしたメンタリティが求められるでしょう。

自分自身を奮い立たせるために、また気合を入れ直すために「鬼十則」が参考になるのではないでしょうか。

※ちなみに電通では、従業員向けの手帳にこの「鬼十則」が掲載されていたものの、ワークライフバランスの改善などに向け2017年に削除されました。

ネットの反応


このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ、社長、ブロガー。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録