執着心がない人の特徴と心理

執着心とは、何かに囚われて固執することです。
例えば「お金」「特定の人物」「若さや美貌」などに執着する人は少なくありません。

というより、程度の差こそあれ、何かに対してある程度の執着心がある方が普通かもしれません。

しかし、中にはそうした執着心が全くといっていいほど感じられない人も存在します。

ここではそうした「執着心がない人」について解説していきます。

スポンサーリンク

目次

執着心がない人の特徴

執着心がない人の特徴としては次のようなことが挙げられます。

執着心は感情と深く結びついているため、普通の人から見ると執着心のない人は無感情な人に見えるかもしれません。

何事にも関心を持たず感情をほとんど表さない……という感じ。

もちろん、感情なないわけではありませんが、そういう風に見えるということです。

良く言えば「悟ってる」感じ
悪く言えば「無感情」な感じです。

執着心がない人の心理

執着心がない人の心理はおよそ次のようなものです。

物質的に恵まれた時代だからこそ、多くを望まない人が増えているのでしょう。
下手に多くを望むより、何も望まないほうが楽に生きられることは確かです。

通常は、年齢と共に執着心は弱まっていくものですが、最近は若い人の中にも執着心がない人が増えている印象です。

執着心がない人の短所

執着心がない人の短所は次のようなものです。

何かに対して執着心が強すぎると問題が発生することも多いですが、執着心が無さ過ぎるとそれはそれでデメリットがあるのです。

まとめ

ここでは「執着心がない人」について解説しました。

執着心がなければ、自分自身は苦しまずに済むというメリットがありますが、その一方で他人との人間的な結びつきや成長の機会が限られてしまいます。

「好奇心はあって色々なことにチャレンジするけれど結果には執着しない」というのであれば良いのですが、「好奇心がなく何事にも関心を持たない」というのであればちょっと問題があります。

とはいえ、何事にも執着しないというのはその人の価値観であり考え方なので他人がとやかく言って改めさせることは非常に困難です。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。月間300万pv。運営者は原宿に住むコーチ、ブロガー。
→もっと見る

Follow
Facebook
Twitter
Instagram
メールマガジン