カール・ロジャースの「2:7:1の法則」

いつも人間関係で疲弊しているという人は、カール・ロジャースの「2:7:1の法則」というのを知っておくと、無駄に悩むことがなくなるでしょう。

なぜなら、自分を取り巻く人間関係について割り切ることができるようになるからです。

いつも人間関係で疲れ切ってしまう人は、ぜひ参考にしてみてください。

2:7:1の法則

仮にあなたの周りに10人の人がいたとしたら…… 

2人は気の合う人
7人はどちらでもない人
1人は気が合わない人 

これが、カール・ロジャースの「2:7:1の法則」です。

まぁだいたいこんなものですよ、という目安みたいなものを提示してくれているわけです。

あなたのことを無条件で好きになってくれる人が、10人のうち2人ぐらいいるでしょう。
また、あまり関心を持っていない人たちが7人くらいいるでしょう。この人たちはその時によってあなたの味方になったり敵になったりします。
そして1人は、あなたを無条件に嫌う人がいるというわけです。 

全員に好かれるのは無理

つまり、10人のうち1人くらい相性の悪い人、あなたのことを嫌ってくる人がいたとしても、それが普通なので落ち込む必要はないのです。

また、大多数の人があなたに無関心でも、自分の存在の無価値感を感じる必要はありません。 そんなものです。 

人間関係に苦しむ人は、他人に多くを求めすぎたり、人間関係の理想が高すぎるのかもしれません。 そんな時は、この「2:7:1の法則」を思い出して、「まぁこんなもんか……」と割り切ってしまいましょう。

多くを求めすぎて苦しむのではなく、ある程度割り切ってしまえば、人間関係はずっと楽になるはずです。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ、社長、ブロガー。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録