マズローの欲求5段階説

アメリカの心理学者アブハム・マズローによれば、人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が満たされると、より高次の階層の欲求を欲するという。

マズローの欲求5段階説

第一階層の「生理的欲求」は、生きていくための基本的・本能的な欲求(食べたい、飲みたい、寝たいなど)のこと。

人間はどんな時でもまず何よりこの欲求を満たしたいと考えます。この欲求がある程度満たされて初めて、次の階層「安全欲求」を求めるようになります。

第二階層の「安全欲求」は、危機を回避したい、安全・安心な暮らしがしたい(雨風をしのぐ家・健康など)という欲求のこと。
最低限の暮らしを確保したいという欲求だと考えるとわかりやすいかもしれません。

そして、この第二階層の「安全欲求」が満たされると、次の階層である「社会的欲求(帰属欲求)」(集団に属したり、仲間が欲しくなったり)を求めるようにます。

この欲求が満たされない時、人は孤独感や社会的不安を感じやすくなると言われます。

ちなみに、ここまでの欲求は、外的に満たされたいという思いから出てくる欲求(低次の欲求)であり、これ以降は内的な心を満たしたいという欲求(高次の欲求)に変わります。

第三階層の「社会的欲求」の次に芽生える欲求は、「尊厳欲求(承認欲求)」(他者から認められたい、尊敬されたい)です。

自分にとって必要なものが最低限満たされてくれば、当然芽生える欲求でしょう。現代日本人の多くはこの階層の前後に位置すると考えられます。

そしてその「尊厳欲求」が満たされると、最後に「自己実現欲求」(自分の能力を引き出し創造的活動がしたいなど)が生まれます。

この階層では、他者に何かを求めるというより、自分の活動や成長に強い関心を持つようになります。

※ちなみに、マズローは晩年、5段階の欲求階層の上に、さらにもう一つの段階があると発表しました。それは「自己超越」という段階。このレベルに達している人は人口の2%ほど。
「目的の遂行・達成『だけ』を純粋に求める」という領域で、見返りも求めずエゴもなく、自我を忘れてただ目的のみに没頭し、何かの課題や使命、職業や大切な仕事に貢献している状態をいいます。


アブラハム・マズローアブハム・マズロー
アメリカの心理学者
1908年4月1日ー1970年6月8日
人間の自己実現を研究対象とする「人間性心理学」の最も重要な生みの親とされている。欲求の5段階説(欲求のピラミッド)を主張したことで知られる。

▼関連記事
認められたい..。承認欲求って何だ?
モチベーション理論まとめ

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ、社長、ブロガー。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録