パラダイムシフトとは何か?

パラダイムとは、その時代に人々の中で支配的な常識や前提のこと。つまり、私たちが「当たり前」だと思っていることです。
そして、パラダイムシフトとはその当たり前の常識や前提が大きく変わることを意味します。 

いつの時代でも、またどんな分野においても、支配的な考え方や価値観といったもの(=パラダイム)が存在します。

ただし、それは永遠に不変のものではなく、なんらかの新発見などにより覆されることがあります。
その時にパラダイムシフトが起こります。 

例えば、スマホの登場は私たちに大きなパラダイムシフトを引き起こしました。
スマホによるコミュニケーションや情報収集の手軽さとリアルタイム性は、それまでの常識では全く考えられないものでした。スマホの登場は私たちの常識や前提を大きく変えたのです。

現在は、様々な分野でパラダイムシフトが起こっていると言われています。
きっと10年後には、今では全く想像もつかないようなパラダイムが私たちの常識になっていることでしょう。 

例えば、AIやロボットの技術革新は、「働かざる者食うべからず」といった労働に関する古いパラダイムを大きく変えることになるのかもしれません。

スポンサーリンク

パラダイムシフトはOSのアップグレード

パラダイムシフトとは、パソコンのOSのアップグレードのようなものだと考えるとより理解しやすいでしょう。

OSはオペレーティングシステム(基本ソフト)と呼ばれ、そのパソコンのベースとなる枠組みを成しています。そのOSがアップグレードされると私たちは様々な対応に迫られます。
使っていたソフトはそれに対応したものに変えなければなりませんし、よく使っていた機能がこれまでの操作ではできなくなっていたりもします。

その劇的な変化は、パラダイムシフトととてもよく似ています。

パラダイムシフト = OSのアップグレード

こう理解しておきましょう。

企業におけるパラダイムシフト

企業においてパラダイムシフトが語られる時は、大抵いかにそれに対応していくかが検討される時です。

世の中でパラダイムシフトが起これば、当然消費者の行動も大きく変わります。
したがって企業としてはそれに対応する必要に迫られるわけです。
対応が遅れ後手に回れば、企業の存続すら危ぶまれる事態に陥ります。

個人におけるパラダイムシフト 

個人においてパラダイムシフトが語られる時は、大抵その人自身のものの見方、価値観などの変化についてです。 

私たちは、家族、学校、会社、友達、社会通念などから、無意識のうちに影響を受けて育ちます。
そしてそこから自分のパラダイム(ものの見方・価値観)を作り出し、それにしたがって物事を見て、感じています。

例えば、「世の中お金が全てだ」というパラダイムを持っている人と、「生きていく上でお金はそれほど大事じゃない」というパラダイムを持っている人では、見えている世界が全く異なるはずですし、日々の行動も全く違うものになるでしょう。 

私たちは自分の持つパラダイムにしたがって生きているというわけです。

大きな変化を望むならパラダイムシフトしかない

科学分野における大きな進展は全て、過去の伝統、旧来の考え、従来のパラダイムからの離脱に始まると言われます。

同じように、個人が人生で大きな変化を望むなら、自分が持っている従来のパラダイム(ものの見方、価値観)の変化、つまりパラダイムシフトを起こすしかありません。

人生に変化を望む多くの人たちが、それを望みながらも簡単に実現できないのは、わかりやすい表面的な問題に対処するばかりで、根底にあるパラダイムシフトを起こそうとしないからです。

「悪の葉っぱに斧を向ける人は千人いても、根っこに斧を向けるものは一人しかいない(ソロー・米国の思想家)」

まとめ

パラダイムシフトとは、当たり前だと思っている常識や前提が大きく変わることを意味しました。それはOSのアップグレードによく似ている。

そして、企業はパラダイムシフトに対応しようと必死になる。
個人は自分の持つパラダイムをシフトさせることで人生を変えることが出来る。

ということでした。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ、社長、ブロガー。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録