五省(ごせい)
〜米軍も感激した旧海軍兵学校の5つの問い

五省(ごせい)とは、旧日本海軍の士官を養成していた兵学校で、生徒がその日の行いを自ら省みるために考案された”5つの問い”です。

発案したのは、当時の海軍兵学校の校長であった松下元(はじめ)少将。

当時は毎晩、自習終了5分前のラッパの合図が鳴ると、生徒は自習をやめ机の上を片づけて姿勢を正し、その日の当番の学生がこの五省を読み上げ、その他の者は各自心の中で自分のその日の行いを省みるというものだったそうです。

終戦後には、アメリカ海軍の担当者がこの五省の精神に感銘を受け、自国の海軍兵学校の教育に用いたとも言われています。

また、海上自衛隊などでは、今なお日々の行動を振り返るためにこの五省が用いられているといいます。

五省

五省では、次の5つを自問します。

最後に

豊かで自由な現代社会に生きる私たちは、あらゆる面で恵まれていて、少し緩んでしまっているかもしれません。

しかし、時には自分を厳しく律することも必要です。

そんな時、今回紹介した『五省』は生活態度を自問するための良い”問い”になるでしょう。 これを習慣化すれば、強い精神力も養えるはずです。

好き嫌いはあるでしょうが、ピンときた方は日々の習慣として取り入れてみてはいかがでしょうか。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。月間300万pv。運営者は原宿に住むコーチ、ブロガー。
→もっと見る

Follow
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録