『運がいい人』に共通する6つの特徴

世の中には、「運がいい人」「運が悪い人」がいます。

「運がいい人」は、色々なものに恵まれます。
例えば次のようなものでしょうか。

・お金に恵まれる
・仕事に恵まれる
・人に恵まれる

一方、「運が悪い人」とはそうしたものに恵まれない人のことを言います。

・お金に恵まれない
・仕事に恵まれない
・人に恵まれない

本人は頑張っているつもりなのに結果に恵まれないのです。

ここでは、そんな「運が良い人と悪い人の違い」や「運が良い人の特徴」などを紹介していきます。
これを読めばあなたも今日から「運が良い人」の仲間入りです!

スポンサーリンク

目次

運がいい人と悪い人の違い

もちろん誰だって「運がいい人」になりたいに決まっています。

では、「運がいい人」と「運が悪い人」の違いはなんでしょうか?
「運」は生まれつきのもので、ただ身を委ねるしかないものなんでしょうか?

……私はそうは思いません。

多くの人を観察してみると、「運がいい人」にも「運が悪い人」にも共通するパターンがあります。

その違いが「運がいい人」に「幸運」を呼び込んでいるのです。
ここでは、そんな「運がいい人」の特徴を6つ紹介します。

これらを素直に実践していけば、誰でも幸運を引き寄せ「運がいい人」に生まれ変わることができるはずです。

運がいい人に共通する6つの特徴

1.運がいい人は素直で正直

運がいい人は案外物事を単純に考えていて、自分がしたいこと、して欲しいことを素直に求めています。
「そんなこと望んだら図々しいかな?」などと遠慮せず、どんな大きな夢でも遠慮せず設定します。
言い換えると、幸運に対して開かれています。

一方、運が悪い人は「自分にはそんなこと無理」「自分にはそんなものを受け取る価値がない」などと自分自身にストップをかけています。
つまり、幸運に対して開かれていないのです。

2.運がいい人は自分を大切にする

運がいい人は自分を大切に扱います。心も身体も清潔にして、悪い環境に身を置かないように気を配ります。
運気の悪い場所にはとどまらないし、他人の悪口ばかり言っているような人ともできる限り距離を取ります。

普段自分が使う言葉も丁寧に選んでいて、決して雑で乱暴な言葉を使うことはないでしょう。

一方、運が悪い人は自分を大切に取り扱っていません。
身を置く環境、人間関係、言葉づかい……そうしたものが「運の良い人」とはまるで異なっています。

3.運がいい人は「自分は運がいい」と思い込む

これはよく言われていることです。
毎日「自分は運がいい」と言い続けることが大事だと言う人もいます。

確かにそれは効果的です。
言葉には力があり、繰り返しそう言っていれば「幸運」が引き寄せられてくるものです。

逆に言うと、運が悪い人は言葉に出しているかどうかは別として「自分は運が悪い」と思い込んでいるはずです。

思っていることは現実になるものです。

4.運がいい人は無駄な心配はしない

先ほど書いた通り、思っていることは現実になるのです。
つまり、心配していることも現実になります。

「運がいい人」を思い浮かべてみてください。
いつも心配ばかりしている心配症の人が思い浮かぶでしょうか?

……「運がいい人」のイメージはそうではないはずです。

運がいい人はいつも物事をポジティブに考えています。

5.運がいい人はチャンスを拾う

「運がいい人」にも「運が悪い人」にもチャンスは平等に訪れます。
しかし、「運が悪い人」はそれに気づかず見過ごしています。

ここに大きな差が生まれるのです。
いくら目の前に「チャンス」が落ちていても、それを拾わなければその結果である「幸運」は手に入りません。

「運がいい人」と「運が悪い人」の決定的な差はここで生まれるのです。

6.運がいい人は一人で全部持っていかない

運がいい人は「幸運」を独り占めしません。
良いことはどんどん人に分け与え、循環させていきます。
だから、「運がいい人」には次々と「幸運」が引き寄せられていくのです。

自分一人だけ良い思いをしようと言う心持ちでは、すぐに「幸運」も逃げていってしまうでしょう。

スポンサーリンク

運がいい人はずるい?

自分がうまくいかないのを「運」のせいにして、悪い態度をとっていれば「幸運」はさらに遠のいていきます。

「働き者が成功したのは運がよかったのだと、怠け者は言う ── 」

これはイギリスのことわざです。

自分の努力不足を棚に上げて、成功しないのは運が悪いからだと言うのは、たいてい怠け者だというわけです。

短期的な運の善し悪しはコントロールできないかもしれません。
しかし、正い態度や習慣を持っていれば長期的に「運」を引き寄せることができます。

運が良い人の習慣をマネる

ここまで「運の良さ」とは、その人が持つ態度や習慣で決まるということを書いてきました。

だとしたら、誰でも「運の良い人」になることができます。
「運が良い人」に共通する習慣をマネてしまえばいいだけだからです。

「運が良い人」の習慣

こうした習慣をマネしましょう。

まずは、「乱暴な言葉を使わない」「自分は運がいいと思い込む」あたりから始めるのがおすすめです。

この2つの習慣を獲得できれば、それだけで人生の運気が急上昇するはずです!

まとめ

「運がいい人」には共通するパターン(習慣)があり、その違いが「運がいい人」に「幸運」を呼び込んでいます。その習慣を実践すれば誰だって「運がいい人」になれます。

『運がいい人の6つの特徴』

・素直で正直
・自分を大切にする
・「自分は運がいい」と思い込む
・無駄な心配はしない
・チャンスを拾う
・一人で全部持っていかない

ぜひ参考にしてみてください。

▼関連記事
 さらに望ましい現実を引き寄せるには。
引き寄せの法則とは何か?

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。月間300万pv。運営者は原宿に住むコーチ、ブロガー。
→もっと見る

Follow
Facebook
Twitter
Instagram
メールマガジン