ピンチはチャンス
〜人生を変える魔法の言葉

ピンチはチャンス ── これは成功者にとっては当たり前のことです。

普通の人にとってのピンチは、成功する人にとっては大きなチャンスなのです。
もしかしたら、このピンチをチャンスに変える能力こそが、一般人と成功者を分け隔てている大きな壁と言っても良いかもしれません。

それくらい、一般人と成功者ではピンチに対する考え方が違います。成功する人は必ずピンチをチャンスに変える人であり、その能力を身に付けています。

一体どういうことなんでしょう?

詳しく掘り下げていくことにしましょう。

スポンサーリンク

ピンチのとき人は?

そもそもピンチとはどんな状況でしょうか?

ここでは、「平穏な日常が脅かされそうなとき」と定義しておきましょう。 例えば、会社をリストラされた、仕事で大きな失敗をした、大きな病気が見つかった、などでしょうか。

その時、人は一体なにを考えるでしょうか? 

まず、「ヤバイよ、ヤバイよ」と危機感を感じる。
次に、「なんてこった〜」と悔しがる。

ここまでは皆同じかもしれません。 しかし、この次のステップが大きな分岐点となります。

ある人は「もう終わりだ……」と気力を失い、一方である人は「この状況をどう活かすことができるか?」と自分に問うのです。 

もうおわかりの通り、ピンチをチャンスに変えるのは後者の人です。 ピンチの中にチャンスを見出そうとする意思を持てるかどうか ── それが成功する人としない人を隔てる壁なのです。

ピンチをチャンスに変える(例)

先ほどの例で考えると、ピンチをチャンスに変える人はきっと次のように考えるでしょう。

いかにピンチの中にあるチャンスを拾うことができるか ── それが問われているわけです。

ピンチがチャンスである理由

先ほど見たように、ピンチは、成長のチャンスであり、大きな飛躍のチャンスでもあるわけです。 平和な日常の中には、こんなチャンスはなかなか訪れません。

アメリカの著作家ナポレオン・ヒルは「すべての逆境には、それと同等かそれ以上に大きな恩恵の種子が含まれている」と言っています。
考え方次第で、逆境は障害物にもなれば跳躍台にもなるのです。

そう考えると、もしかしたらピンチは避けるものではなく、むしろ歓迎するべきものなのかもしれません。 ピンチを避けてばかりいたら、大きな成長の機会も、大きな飛躍の機会も訪れては来ません。 

人は、ピンチを乗り越えることで初めて大きくなるのです。

ピンチをチャンスにする考え方

さて、ピンチをチャンスに変える人たちの考え方には「自分が解決できないような問題は起こらない」という前提があります。 だからこそ、ピンチに飲み込まれることなく、それをチャンスだと思えるのです。

もちろん、それが事実かどうか検証することは不可能ですし、その必要もありません。ここでは「そうだ」と思い込むことが大事です。

「ピンチはチャンス……ピンチはチャンス……」 呪文のように何度も自分に言い聞かせてみてください。 なんとなく、希望の光が見えてくるようになるはずです。

そしてこの思考の癖が身につけば、もう怖いものなどありません。 これから起こるどんな困難にも、もう挫けることはないでしょう。これからはチャンスだらけの人生です。

「二人の囚人が鉄格子から外を眺めた。 一人は泥を見た。一人は星を見た」
(フレデリック・ラングブリッジ)

まとめ

成功した人はピンチをチャンスに変えた人たちです。そしてそれは、ピンチの中にチャンスを見出す意思を持てるかどうかで決まります。

ピンチをチャンスに変える思考の癖がつけば、もう困難にも挫けることはありません。そこにいるのは未来志向で希望を抱き続ける人です。

ピンチはチャンス ──。

人生を変える魔法の言葉です。

▼関連記事
 チャンスを掴む人と掴まない人。
チャンスはいつの間にか目の前にあり、猛烈なスピードで去っていく

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ、社長、ブロガー。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録