カウンセラーが教える
人生がうまくいかない人、5つの共通点

私はカウンセラーとしてこれまで多くの人と接してきましたが、人生がうまくいかない人たちには多くの共通点があります。
これらは人生がうまくいく人たちにはあまり見られない特徴です。

つまり、ここで紹介する5つの共通点が、人生をうまくいかない状態にしている元凶だと考えても良いわけです。
ですから、これらに当てはまる人は、高い確率でこれからの人生が困難なものになってしまうでしょう。

まずは、自分が該当していないかチェックしてみてください。

スポンサーリンク

人生がうまくいかない人、5つの共通点

1)好奇心がない

何かを面白いと思ったり、やりたいと思ったり、興味を持つことが非常に少ない。
それは子供のような好奇心が欠如している状態。
もしくは、自分の内から湧き上がる好奇心を自分自身で押さえつけている状態。
それでは何も始まらない。

成功する人はたいてい好奇心旺盛で学ぶことが大好き。
興味がわいたことは躊躇なくやってみる姿勢を持っている。

2)自分で考えて行動しない

その場その場に合わせた柔軟な対応が苦手で、自分で考えて行動することを避けている。
正解が見通せない状態や想定外の出来事を恐れ、誰かの指示を待つばかりで自分で考えて行動しようとしない。

しかし、成功する人の多くは走りながら考えるタイプの人たち。
初めから正解など見通せるはずがない、とりあえずやってみようと考える。

3)悲観主義

頭の中で失敗するイメージを繰り返し思い浮かべる。常に悲観的にものごをと見ている。
仮に良い結果が出ても「今回は運が良かっただけだ」と悲観主義を崩そうとしない。

成功する人は、「自分ならできる」「きっとうまくいく」と根拠のない楽観主義を持っている。

4)すぐ諦める

何事も簡単に諦めてしまう。せっかく何かを始めても「どうせ無理」「どうせ無駄」などといった諦めの態度が出てしまう。
何かに挑戦して失敗したり、苦労するより、何もしない楽な方を選択する。

成功する人は誰しも、リスクをとって積極的に挑戦し、粘り強く努力する姿勢を持っている。

5)言い訳が口癖

うまくいかない原因をいつも自分以外の誰かのせいにする。
「上司の指示が悪いから…」「学歴が…」「お金が…」「過去が…」
これだと誰かの文句を言って終わり。

成功する人は自分の行動に責任を持ち、自分でできることに集中し、言い訳をしない。

ちょっとした違いが大きな違いを生む

人生がうまくいく人とうまくいかない人の間に、能力の差などほとんどありません。
……最初のうちは。

しかし、物事に対する態度の違いがその後の人生を変えていきます。

うまくいかない人は現状維持を続け、成功する人は失敗しても前進を続けます。

結果、人生に大きな差ができてしまうのです。
人生を決めるのはその人の態度です。

手遅れということはありません。
今すぐ態度を入れ替えれば、数年後には人生が大きく花開くでしょう。

このままではまずい

改めて「人生がうまくいかない人、5つの共通点」とは次のようなものでした。

1)好奇心がない
2)自分で考えて行動しない
3)悲観主義
4)すぐ諦める
5)言い訳が口癖

今回紹介した「人生がうまくいかない人、5つの共通点」をみて自分に該当する点があると思った人は、このままでは人生が好転しないということを理解してください。

そして自分を変えるためのアクションを起こしてください。

まずはこのサイトを隅々まで読んでください。きっと、あなたに必要な情報が得られるはずです。

▼関連記事
 一生懸命だと知恵が出る、中途半端だと愚痴が出る、いい加減だと言い訳が出る。
言い訳だらけの人生

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ、社長、ブロガー。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録