自己実現を目指す人のための本
「自分のための人生/ウエイン・ダイアー」

全世界で3000万部以上のセールスを記録している『自分のための人生/ウエイン・ダイアー』 という本があります。

この本が伝えようとしているメッセージを簡単にまとめると次のようになるでしょう。

人生は自分で選択できる。
他人基準で生きるのをやめて自分の人生を生きよ。
恐れることなく我が道を行け。

ひとことで言うとこの本は「自己実現を目指す人のための本」といえるでしょう。

以下でさらに解説していきます。

スポンサーリンク

目次

毒にも薬にもなる一冊

個人的には、この本のメッセージはとても好きなんですが、これは毒にもなれば薬にもなるものです。

社会の中で自分らしさを押し殺して生きてきた人には良い薬となるでしょう。
自分らしく生きるために強く背中を押してくれます。精神的な自立とはどういうことかについてよく理解できるようになるはずです。

ただし、自分らしさを求めすぎると毒にもなりかねません。わがまま、自分勝手、無謀といったことになってしまうかもしれません。

社会の中で生きていくには、ある程度自分を押し殺さなければならないのも事実です。
自立より、まずは社会への順応が優先される段階にある人にはあまりおすすめしない一冊です。

とはいえ、精神の独立、人としての自立、という意味では誰にとっても価値のある一冊です。そうしたことに少しでも興味があるなら一読してみる価値があります。

参考までに、本書の中で私が良いなと感じた3つのポイントを紹介します。

あなたの人生の大部分が「すべきこと」で決められてはいないだろうか

世の中には「〜すべき」ことがたくさんあります。
しかし、あなたの人生の大半がその「〜すべき」ことで決められていないでしょうか?

もちろん社会に順応し、うまく生きていくためにはそうした「〜すべき」ことを大事にする必要があります。
でも、それが極端になって人生が「〜すべき」ことで埋め尽くされたら……それで本当に幸せでしょうか?

人生を「〜すべき」で埋め尽くされた人たちの多くは、常に不安に襲われ、うつ病や神経症に苦しんでいます。

だとしたら、自分の中で常識化してしまった「〜すべき」を捨て去って、自分の人生を取り戻す必要があります。もっと主体的に人生を生きなければ、半分死んだようなものです。

「人間はロボットではない。迷路の中で人生を送り、自分にとっては意味さえないような、他人が決めた規則でがんじがらめになている、そんな機械ではない」(本文より)

「退屈」は「無能」の証

退屈するということは、すなわち、現在という時を自分なりに充実して過ごす能力がないということである。 退屈するかしないかは自分の選択によって決まる。つまり、自分自身で招くものなのだ。 人は退屈を環境のせいにしたがる。 「この街は本当につまらない街だ」「なんと退屈な話をする人か」……(本文より)

退屈は誰かのせいでなく自分自身のせい……。

── そう言われて私はハッとしました。
きっと、同じように感じた人も多いはずです。

やはり人生は誰かから与えられるものではなく、自分のものなのです。 退屈な人生も、充実した人生も”自分で”作り上げるものなのです。

人生は誰のためのものか?

── まさにタイトル通り「自分のための人生」です。

人生の達人が100%実行している極意

最後に、充実した人生を送っている人について本書の中で紹介されていたので抜粋しておきます。 このような人物像を筆者は理想としているのです。

まとめ

今回は『自分のための人生/ウエイン・ダイアー』を紹介しました。

この本は「マズローの欲求5段階説」の自己実現段階に向かう人のために書かれたと言っても良いでしょう。

つまり、物理的にも社会的にもある程度満たされた人が次に向かう段階です。
社会に合わせるのではなく、自分主体で生きていく……つまり自己実現の段階というわけです。

本当の意味で、自分のための人生を生きようと決意した人はぜひ読んでみてください。
あなたが今その段階にいるのなら、きっと面白いはずです。

自分のための人生
この本には、あなたの生き方を確実に変える哲学がある! 全世界で3000万部以上のセールスを記録し、 《自己実現》のバイブルとして、語り継がれる名著。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。月間300万pv。運営者は原宿に住むコーチ、ブロガー。
→もっと見る

Follow
Facebook
Twitter
Instagram
メールマガジン