ツイてない時に絶対やってはいけない3つのこと

思わず「最近、ついてないなぁ……」と感じる時があります。
悪いことが立て続けに起きたり、自分ではどうしようもないことに巻き込まれたりする時です。

そんな時はどう過ごせば良いでしょうか?
ここでは、そんなツイてない時の対処法と過ごし方について詳しく解説していきます。

ツイてない時に絶対やってはいけないことがあるんです。
それは……

スポンサーリンク

目次

活動的になる 

ツイてない時ほど現状を打破しようと動きたくなるものです。
必要以上に動き回ったり、これまでと違ったことに手を出したりしたくなるかもしれません。

でも、「ツイてない」と思う時はあまり無闇に動かない方が良いでしょう。

別に運気が悪いからというわけではなく、ツイてない時は注意散漫になっていることが多いからです。
だから、動けば動くほど不注意から来るミスをしがちです。

もしかしたら、大きな失敗につながってしまうかもしれません。

「ツイてない」と思う時はあまり動かず、流れが変わるのをじっと待つ方が良いでしょう。

愚痴や文句を言う

自分がツイてない時は、他人が羨ましく見えるものです。
そして、ついつい愚痴や文句を言ってしまうことがあります。

でもそれでは運気はどんどん悪くなってしまいます。

ツイてない時ほど「ありがとう」を大事にしましょう。

感謝には人を幸せにする力があるので、最近ツイてないと思う人は自分の周りに「ありがとう」をたくさん集めましょう。

人からたくさん「ありがとう」と言われましょう。
自分からもどんどん「ありがとう」と言いましょう。

そうして「ありがとう」のポジティブなエネルギーが十分たまれば、自然と運気も上がっていくでしょう。

やるべきことをやらない

ついてない時は、やる気を失ってしまったり、冷静な判断力を失ってしまうことがあります。
そして、「やるべきことをやらない」なんてことがあります。

でも、それではツイてない時期を乗り切っていけません。
ツキが戻ってきた時に、その流れにうまく乗れません。

長い人生、良い時もあれば悪い時もあります。
季節が巡るように、ツイてない時も必ずあるのです。

変化は突然訪れます。流れは急に変わります。

だからどんな時も出来事に一喜一憂せず、やるべきことをやっていきましょう。
良い時は謙虚に、悪い時は粛々と。

ツイてない時期は、やがて大きな花を咲かせるときの準備期間でもあります。

▼関連記事
下積み時代に覚えておきたい名言。
「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ、やがて大きな花が咲く」

まとめ

ここでは、ツイてない時に絶対やってはいけないことを3つ紹介しました。

・活動的になる
・他人を羨んで文句を言う
・やるべきことをやらない

逆に言うとツイてない時には次の3つを心がけていけば良いのです。

・無闇に動かない
・「ありがとう」をたくさん集める
・粛々とやるべきことをやる

ツイていない時に限ってあれこれ動きたくなりますが、グッと堪えて春を待ちましょう。
それがツイてない時にできる最善のことです。

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。月間300万pv。運営者は原宿に住むコーチ、ブロガー。
→もっと見る

Follow
Facebook
Twitter
Instagram
メールマガジン