無理をしないで怠けない

「むりをしないでなまけない わたしは弱い人間だから」

相田みつを(詩人・書家)
(1924年5月20日-1991年12月17日)「人間だもの」の言葉で有名。人間に関するシンプルで温かみのある詩を独自の書体で書いた作品で知られる。「書」と「詩」の高次元での融合を目指し、人々の心に響く作風を確立。1984年、初詩集『にんげんだもの』がミリオンセラーとなって相田ブームが起こる。ただし、この時すでに相田みつを60歳。しかも、長年の苦労が報われたその矢先に転倒し足を骨折、さらに脳内出血を起こして1991年12月17日に足利市内の病院で急逝。享年67歳。


この詩には、不器用で弱い人間への「優しさ」と「励まし」が込められています。

そして、わたしはこの詩を読むと、心がどこか「ほっ」っとします。

なぜなら、きっと心の奥底で「もっと頑張らなくてはダメだ!」と自分に言い聞かせているからです。

この詩は、そんなわたしに「あなたは本当は弱い人間なんだから決して無理はしなくていいんだよ」と言ってくれるのです。

ただし、それだけではわたしの心は反論するでしょう。
「そんなこと言っても現実にはやらなきゃいけないことがたくさんあるんだから無理してでも頑張らなきゃダメだ!」と……。

しかし、この詩は続けて「なまけない」とも言っています。
これによってわたしの心は初めて納得します。

「ああ、そうだな。決して無理してはいけないけれど、なまけてもいけないんだな」と。

つまり、心の奥底で「無理して頑張れ!」と言い聞かせて力んでいた自分が、この部分を読んでようやく少し肩の力を抜くことができるのです。

きっとそのまま無理して頑張り過ぎていたら、いずれ潰れてしまうでしょう。
だって、わたしは弱い人間なんだから。そこまで無理は続けられないのです。

あなたはどうですか?

わたしと同じだったら、怠けないけど無理もしない ── でいきましょう。
きっとその位がちょうど良いのです。
私たちは弱い人間なんだから。


その他の相田みつをの詩

夢はでっかく 根はふかく

「何をやっても思うようにならない時 上にのびられない時に 根は育つんだから」

「感動いっぱい 感激いっぱいの いのちを生きたい」

七転八倒 つまづいたりころんだりするほうが自然なんだな 人間だもの

にんげん一番いやなことは じぶんがじぶんに うそをいうときだ

「ぐちをこぼしたっていいがな 弱音を吐いたっていいがな 人間だもの たまには涙をみせたっていいがな 生きているんだもの」

「むりをしないでなまけない わたしは弱い人間だから」

「どんな仕事でも 徹すれば かならず 生きられるものです」

「うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる うばい合えば憎しみ わけ合えば安らぎ」

「花はただ咲く ただひたすらに ただになれない人間のわたし」

「どじょうがさ 金魚のまねすることねんだよなあ」

にんげんはねぇ 人から点数を つけられるために この世に生まれて きたのではないんだよ にんげんがさき 点数は後

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。月間300万pv。運営者は原宿に住むコーチ、ブロガー。
→もっと見る

Follow
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録