にんげん一番いやなことは じぶんがじぶんに うそをいうときだ

「にんげん一番いやなことは じぶんがじぶんに うそをいうときだ」

相田みつを(詩人・書家)
(1924年5月20日-1991年12月17日)「人間だもの」の言葉で有名。人間に関するシンプルで温かみのある詩を独自の書体で書いた作品で知られる。「書」と「詩」の高次元での融合を目指し、人々の心に響く作風を確立。1984年、初詩集『にんげんだもの』がミリオンセラーとなって相田ブームが起こる。ただし、この時すでに相田みつを60歳。しかも、長年の苦労が報われたその矢先に転倒し足を骨折、さらに脳内出血を起こして1991年12月17日に足利市内の病院で急逝。享年67歳。


自分が自分に嘘をつく……。

これがどういうことだかわかりますか?

例えば、本当はやりたく無いことなのに、これは自分がやりたいことだと無理やり自分を納得させた経験はありませんか。

好きなのに嫌いと言ったり、欲しいのに欲しくないと言ったり……。

現実社会でうまくやっていくために、私たちはそうした”嘘”を積み重ねて生きています。ある意味で、それは必要な嘘と言えるのかもしれません。

しかし、私たちは自分にとって本当に大切なことに対しても、同じように”嘘”を積み重ね、正直になれないことがあります。

最愛の人に対する思い……
自分の人生の本当の願い……

そんな心の奥底にある強い思いにまで”嘘”をついてしまうと、人生の喜びを大きく損なうことになってしまいます。

こうした嘘は、その人の心の中でこっそりと処理されるため、普段あまり意識することがありません。
私たちは大抵そうした強い思いに蓋をしてしまっているものです。

もちろん、正直に生きるのは大変です。それによって傷つくこともあるでしょう。痛い思いもするかもしれません。

それでも、自分に嘘をついて生きるより、自分に正直に生きる方が良いのです。本当に大切なことに関しては……。


その他の相田みつをの詩

夢はでっかく 根はふかく

「何をやっても思うようにならない時 上にのびられない時に 根は育つんだから」

「感動いっぱい 感激いっぱいの いのちを生きたい」

過去無量の いのちのバトンを 受けついで いま ここに 自分の番を生きている

にんげん一番いやなことは じぶんがじぶんに うそをいうときだ

「七転八倒 つまづいたりころんだりするほうが自然なんだな にんげんだもの」

「ぐちをこぼしたっていいがな 弱音を吐いたっていいがな 人間だもの たまには涙をみせたっていいがな 生きているんだもの」

「どんな仕事でも 徹すれば かならず 生きられるものです」

「うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる うばい合えば憎しみ わけ合えば安らぎ」

「花はただ咲く ただひたすらに ただになれない人間のわたし」

「どじょうがさ 金魚のまねすることねんだよなあ」

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ、社長、ブロガー。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録