点数

「にんげんはねぇ 人から点数を つけられるために この世に生まれて きたのではないんだよ
にんげんがさき 点数は後」

相田みつを(詩人・書家)
(1924年5月20日-1991年12月17日)「人間だもの」の言葉で有名。人間に関するシンプルで温かみのある詩を独自の書体で書いた作品で知られる。「書」と「詩」の高次元での融合を目指し、人々の心に響く作風を確立。1984年、初詩集『にんげんだもの』がミリオンセラーとなって相田ブームが起こる。ただし、この時すでに相田みつを60歳。しかも、長年の苦労が報われたその矢先に転倒し足を骨折、さらに脳内出血を起こして1991年12月17日に足利市内の病院で急逝。享年67歳。


私たちはいつの間にか、他人から点数を付けられることを当たり前のこととして受け入れ、そのことによって自分の価値が決まると思い込んでいるのかもしれません。

でも、本当の人間の価値は誰かが勝手に決めた点数なんかで決まるものではありません。

点数でははかれない人間の価値というものがあります。

あえて点数を付けるなら、他人ではなく自分自身で点数を付けましょう。

もちろん100点満点を!

私という人間は100点満点!常にそこからスタートしましょう。 人間は誰もが100点満点の価値があります。

人間が先、点数は後です。


その他の相田みつをの詩

夢はでっかく 根はふかく

「何をやっても思うようにならない時 上にのびられない時に 根は育つんだから」

「感動いっぱい 感激いっぱいの いのちを生きたい」

過去無量の いのちのバトンを 受けついで いま ここに 自分の番を生きている

七転八倒 つまづいたりころんだりするほうが自然なんだな 人間だもの

にんげん一番いやなことは じぶんがじぶんに うそをいうときだ

「ぐちをこぼしたっていいがな 弱音を吐いたっていいがな 人間だもの たまには涙をみせたっていいがな 生きているんだもの」

「どんな仕事でも 徹すれば かならず 生きられるものです」

「うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる うばい合えば憎しみ わけ合えば安らぎ」

「花はただ咲く ただひたすらに ただになれない人間のわたし」

「どじょうがさ 金魚のまねすることねんだよなあ」

このサイトは、生き方・働き方を模索する人のためのWEBマガジンです。運営者は原宿に住むコーチ、社長、ブロガー。月間300万pv。ほぼ1日1記事更新してます。

フォロー
Facebookページ:@motivationupcom
Twitter:@motivationupcom
メールマガジン:サンプル&登録