性格診断
モチベーションアップの法則

性格診断〜あなたのモチベーションのツボ

エニアグラム タイプ3 達成する人

スポンサーリンク

長所と短所

長所
成功への意志、行動力、自立心、人を動機づける、明るい、ストイック、効率的

短所
ライバル心、見栄っ張り、自己中心的、自分より優秀な人との比較を恐れる、失敗を認めない、ワーカホリック

有名人・アニメキャラに例えると・・

フリーザ(ドラゴンボールZ)、峰不二子(ルパン三世)、豊臣秀吉

イラっとするポイント

「それくらいできてもフツーだよね」とか言ってくるヤツ。

上から目線で偉そうに批判や指示をしてくるヤツ。

自分以外で成功しているヤツを見ると「俺(私)だって!」って思う。

モチベーションの上がるポイント

「すご〜い!」って言われるのが大好き。

人と比べてどこがどう優れているか言ってほしい。人前で褒められたらもうノリノリ。

競争心を煽られたり、自分がいかに素晴らしいチャレンジをしているかをフィードバックしてもらうと「わかってるね、君!」って思う。

このタイプの人が持っている「囚われ」「こだわり」

誰もが何かしらの「囚われ」を持っている。それを知ることは自分を知ることに繋がる。
「囚われ」は、こだわり、恐れ、拠り所などの言葉に置き換えることもできる。

このタイプの人は、競争心が強く成功への強い意志を持っています。そして自分をより良く見せたいという強い衝動も持っています。

幼少期に、やりたいことを全くやらせてもらえなかった、あまり褒めてもらえなかった、といった何か満たされない経験があるのかもしれません。

そのため、無意識的に成功して人より優れていることを証明することこそが、自分自身の価値を証明することだと考えているのかもしれません。だからそれを得るためなら自分の生活も犠牲にします。たとえ不遇でも可能な限り成功者を演じようとすることもあります。また、成功という結果が重要なので、過程にはあまりこだわらずできるだけ効率的に行いたいと思っています。そして、他人から低い評価を受けることを極端に嫌います。

陥りやすい落とし穴

このタイプの人は、成功のために自分の生活や周囲の人を犠牲にすることがあります。行き過ぎると、仕事に熱中して家庭を全く省みなかったり、部下を道具のように扱ったりするなんてこともありますし、成果を独り占めして信頼を損なうなんてこともあります。

また、結果にはこだわるものの、そのプロセスにはあまりこだわらないため、適当すぎて後で問題が発覚することがあります。

つい見栄を張り自分を本当の自分より大きく見せたがってしまい、虚像を作り上げて引っ込みがつかなくなる人もいます。

自分を活かすには

このタイプは、何と言っても目標を達成する能力が抜群です。ビジョンを語り組織を目標に向かわせるリーダーシップも持っているので、ツボににハマれば大きな仕事をやり遂げるエネルギーを生み出すこともできます。

ただし、成功だけにこだわって暴走しないよう、周囲との調和を保つよう注意しましょう。
時には周りをサポートする黒子役に徹してみたり、社会的な成功など外側のことでなく、自分の内面によって自分を満たす道を探ることも有効です。

このタイプの人は、元々才能がある人が多いのに、地味な下積みを嫌がる傾向があるため、その才能を伸ばしきれないことがあります。より大きな成功をつかむには地味な努力も必要だと理解しましょう。

タイプ3の人は、タイプ6(サポーター)の人の「忠実さや責任感」といった特性を見習うことで、結果や効率ばかりを追求してその他の大切なことを疎かにしてしまう自身の癖を克服できるようになります。

向いている職業

政治家、ディレクター、外資系会社役員、弁護士

このタイプの人は合理的で成果主義で、物事をあまりくよくよ考えずにドンドン前へ進んでいきます。しゃべりも得意な人が多く、外資系企業の管理職によくいるタイプです。そうした特性が活かせる仕事が向いています。

公務員や技術者など、正確性が求められる仕事や人のサポート役にまわる仕事はどちらかというと向いていないでしょう。

スポンサーリンク

その他のタイプを見る

タイプ1 改革する人〜完璧主義者
タイプ2 奉仕する人〜博愛主義者
タイプ3 達成する人〜成果主義者
タイプ4 個性を求める人〜ロマンチスト
タイプ5 調べる人〜研究家
タイプ6 忠実な人〜サポーター
タイプ7 熱中する人〜楽天家
タイプ8 挑戦する人〜チャレンジャー
タイプ9 平和を願う人〜平和主義者

▼さらに各タイプの特徴を知るなら「私たちを動かす3つの感覚とサブタイプ」もご覧ください。
もっと正確に自分のタイプを診断したい方は「詳細診断Ver」へ。